中絶後うつ病や悲しみから立ち直る方法

0

人工妊娠中絶後うつ病や悲しみから立ち直るまでにとても大変時間が掛かりますが、今からあなたが出来ることはないかovercomedepressionを参照し一つずつ確認していきましょう。

中絶を決断は正しいか

中絶後うつ病や悲しみから立ち直る方法

色々な理由や年齢で人工妊娠中絶手術を行う女性が日本だけに限らず世界中にいます。
なかには中絶決定をしたことは正しかったのかと悩む女性もいることも。

また中絶後どういった反応が出るのかも分からない為、女性にとって難しいものでしょう。

中絶後の気持ちを理解する

女性によって人工妊娠中絶をしたことで、安心したことを報告する人もいれば、悲しみ、落ち込み、罪悪感、怒り、恥や後悔等の心のストレスと戦い苦労している女性もいます。

それぞれ中絶に至るまでに過ごしてきた経験やどう向き合っていけば良いのか等も異なるので、明確な解決方法はないのが現状ですが、うつ病や中絶をしたことで発生している心の不安や問題解決へのヒントを導くことは不可能ではありません。

 

女性ホルモンと中絶の関係

お腹に命が宿る時、女性の体は赤ちゃんを作るため女性ホルモンが体に働きかけ、赤ちゃんをお腹で成長させる準備をするのです。しかし中絶をすることで妊娠を促進させていた女性ホルモンバランスが崩れることで、心のバランスも不安定になる。それらストレス、怒り、悲しみ等は失った悲しみやホルモンバランスも関係しているのです。

自己の感情が荒れることをコントロールする力を少しずつつけていくことも大切ですが、こういった体内で起きるホルモンバランスとの関係という理由を知ることで少し自分との向き方もかわるかもしれません。

適度に休暇を取りリフレッシュ

精神的に体力的に癒されるまで時間は掛かります。
特に人工妊娠中絶手術をした直後は、学校や仕事も早めに切り上げたり、休みを取って上手に心も体も休めることもしましょう。無理は禁物です。

あなたの支援者や繋がり

中絶前後の体力的精神的に支えになってくれる家族、パートナー、友達等環境は大切です。
中絶後の支援機関もあれば、一度足を運んでみることもよいでしょう。

ただ注意したいのは中絶後の応援をしてくれない人達です。
もし中絶後パートナーがあなたをサポートしてくれない様であれば、ただでさえ中絶をしたあなたの精神的に弱っているのに、余計に辛い想いをするのもあなた。

今後の為、将来のために新たな彼氏やパートナーを見つけ前進していくのも自分次第です。
そういった選択で前向きに進むのも対策として悪いことではありません。

関連情報:中絶後の彼氏パートナーの関係

次ページへ続く:中絶後の普通の暮らしって何?)

返事を書く