中絶後ストレスから立ち直るコツ14項目

136

ケア方法を学び前向きな私へ。あなただけのとっておきの14項目!中絶をしたことで悩む女性、中絶後ストレスつまり中絶後遺症候群とはどのようなものでどう対処や立ち直るコツについて。一緒に考えて生きましょう。

中絶経験のある皆さんのコメントや悩み、気になる方はぜひご覧ください。

中絶後ストレスから立ち直るために

中絶後ストレスから立ち直るために
中絶、人工妊娠中絶と一言で言っても、中絶後の女性は非常に繊細な心を持っています。そして中絶後遺症候群(PTSD)という症状に悩んでいる人も少なくないことをぜひ知っていただきたいのです。
ポスト中絶ストレス症候群(PASS)は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に基づいて、中絶の心理後遺症に付けられた症状を指します。

以下のような症状があるときは、PASSの可能性がありますが何か心当たりはありませんか?

中絶後のストレスと向き合い方

中絶後ストレスから立ち直るコツ14項目

中絶後遺症候群は、更に以下のような分類に分けられます。では早速以下の気になるものから確認していきましょう。

過剰反応例

急に怒り出したり、過敏な警戒心を持ったり、攻撃的になったり、集中できにくくなったりという状態

侵害行為例

中絶した子の夢を見たり、手術の不安感や体験からのフラッシュバックや後悔からの悲しみからの状態

抑圧例

感情を抑えたり、中絶経験を消し去ろうとするあまりに人間関係を避けたり、アルコール、タバコ依存症や未来への希望を押しつぶすような言動、行動、考えなどの症状

上記にあげた症状例から、中絶後遺症候群のストレス例を更にチェックしていきましょう。
あなた自身、または大切な家族やパートナーが今出来ることが見つかるきっかけになるかもしれません。

世間の風当たりを気にするあまりにストレスに

全ての責任を背負い込んでしまう女性も少なくありません。理由はどうであれ「中絶」という言葉を聞くと一般的に冷たく接せられる。ダメな女だとか周りの目を気にするようになる人もいます。
人工妊娠中絶の手術を経験したことで、見えないストレス、不安、恐怖や罪悪感、そしてどんどん自分の殻に閉じこもり人を避けるようになることもあるため、時間を掛けて心のケアをしていくことから始めていきましょう。

中絶後ストレスから立ち直るコツ

Alan Guttmacher協会によると2003年時点でアメリカ人女性の1/3は45歳までに中絶経験があるといいます。

1.始めのステップ

まず自分の時間、自分のエネルギーを癒すための時間を作りましょう。
仕事、学校、習い事などから離れて自分の心、体、感情、物理的あらゆるストレス原因となるものから離れて自分の時間を整える、そして作る時間をもうけていきましょう

2.ボディーヒーリング

中絶後は急激な運動、激しい運動は避けましょう。まずは心と身体に優しいことから始めます。

例えばこんなことができます。

  • 散歩
  • 優しいヨガ
  • ピラティス

こうすることで自分の心の集中、心地良い集中できる時間、呼吸の安定からのリラックスタイムを築くことができます。

関連情報中絶後のダイビングや海は大丈夫?

3.愛の営みと体

大切な人との営みは少なくとも1週間以上はしないこと。または医師の説明に従った上で大切な時間を過ごすことやハグをしたりゆったりとした時間をすごしましょう。




4.食べ物

もし中絶後の吐き気がある場合は医師に相談してお薬を処方してもらうことがあります。
または塩気のあるクラッカー、ジンジャーエールや生姜茶などは吐き気を落ち着かせることもあります。その他新鮮な野菜や果物など生鮮食品を食べ、過度の油ものや甘いものは控えましょう。では更に体と美容に効果的な栄養情報について以下をもっと確認していきましょう。

5.栄養

手術後の関係で血液を多量に失っていたり、貧血気味な場合は血液を作り出す必要があります。
食事の工夫から1つ1つできることを見つけていきましょう。

例えばこんなことができます。

  • オレンジやトマトのビタミンCが豊富な食べ物と鉄分を一緒にとる
  • 干し杏やイチジク
  • 黒い食べ物(黒豆など)
  • レンズ豆
  • ドライブルーベリー

こういった自然な食材を摂取することで血液への栄養と健康的な食事をするきっかけにもなります。

関連情報:中絶後体が喜ぶ健康的な食事

6.睡眠

できるだけ多くの睡眠時間をとりましょう。
怠けているのとは違います。手術等をすることで自分では気づいていない身体への負担があります。それらの心と体の疲れをしっかりととることも忘れないで下さい。

7.リラックスタイム

加熱パッドや湯たんぽ等で背中やお腹をあたためつつ、お花を飾ったり、キャンドルを炊いたり、窓から注ぐ太陽の光を感じたり、アロマテラピーをしながら癒しの音楽をかける。そんな時間も贅沢かもしれませんが大切な時間です。

続いて8~14項目のご紹介です。

136 コメント

  1. みなさん
    辛い判断と経験、それぞれ住んでいる環境は違いますが、同じ中絶の事で悩んでいるのを知り、、少しでも心身の傷が癒えますよう祈りたいです。そういう私も明日、明後日と中絶手術をします。懺悔の気持ちでいっぱいです、、

  2. 辛いです
    旦那に1年半に渡り、暴力を受けて、妊娠してからも、殴られ、怒鳴られる日々を送っていました。24時間、監視され、酷い扱いを受けても、赤ちゃんの為だと我慢していましたが、耐えられなくなり、離婚しました。赤ちゃんは、向こう親、うちの親と話し合い、人工中絶しました。まだ、2週間前です。暴力のフラッシュバックと、赤ちゃんへの罪、中絶後の心の不安、身体の不調が続いていて、とても辛いです。元旦那は、金銭面も一切出さず、責任も全くなく、私から反対にお金を払わないと付きまとうと、言うのでお金を何十万も払って離婚して貰いました。私は眠れなくなり、友達も、親戚もみんな疎遠になって、家にいます。体は、いつもなんだか気持ち悪くて、ぼんやりします。体調が毎日悪く、色んな事がフラッシュバックして、頭痛がします。赤ちゃん、暴力、お金だけ貰ったら満足して赤ちゃんから逃げた元夫。明日になったら、私は目覚めなかったらいいのに、死にたい、赤ちゃんと死にたかった、と、そんの事が浮かびます。両親、妹の事を思うと死ぬなんて出来ません。私の赤ちゃんが一緒に死んでくれなんて、思ってるとも思えません。ても!死にたい、赤ちゃんを独りにした自分が許せない。私しかあの子を守る事は出来なかったのに。体調の悪いのは、赤ちゃんをおろした
    代償みたいに言う人もいますが、そんな代償を払ったからといって、赤ちゃんは戻りません。私が全て悪いの?毎日辛いです。暴力とお金で赤ちゃんから逃げた旦那。体調の悪さ、不眠症、心の病、いつまで続くのてしょうか。辛いです。

    • そらさん
      こんにちは。DV別れた彼氏がそうでした。そらさん離婚できてよかったと思います。また赤ちゃんと出会えなかったけど私は一生そらさんと赤ちゃんが辛い思いをして生きていかなければいけないという人生よりも、そらさんが新たな人生を歩み暴力のない安全な生活ができることが心も体も安心感が違うと思います。

      過去の不安はそう簡単には消えませんよ。でも全ては自分次第です。毎日10分でも瞑想したり、自分にプラスになることを学んだり気を紛らわせる時間を作っていく努力を続けてみることなどを始めてみてはどうでしょうか。

      人は人。自分は自分を第一に。辛さも乗り越える自信。前進あるのみです。

  3. ごめんなさい
    2週間前に中絶をしました。第一子出産から6ヶ月での妊娠でした。6ヶ月になり目が離せなくなってる息子。
    帝王切開から半年での妊娠は子宮破裂の危険性が高く…。 自我が出てきた息子。甘えたい盛盛りに入りて抱っこしないと泣いてしまう。もっと遊んでと意思表示。私の抱っこじゃないとグズった時に泣き止まず。
    お腹が大きくなればなるほど抱っこするにもリスクがついて回り母子共に安全に出産出来る可能性も50%
    たくさん悩みました。帝王切開で年子を産んでる人も居るしリスク承知で産もうとも思いました。
    でも、母体胎児の安全の為に。
    数日は実感が湧きませんでした。
    でも胎児が血まみれになってる夢を見るようになり、ここ数日から涙が止まらず、笑顔で抱っこを喜ぶ息子を抱きしめながら泣いてばかりいます。
    何かの表示で涙が止まらずに泣いてしまいます。
    泣いている私の顔に息子が手を置いていい子いい子してくれて更に泣いてしまいます。
    術後の体調不良や、病院から出されたピルの副作用での体調不良で更に辛い。
    夫に罪悪感や不安感苦しみ悲しみの気持ちを伝えても『ごめん』しか言って貰えず気持ちのやり場がありません。両親にも義実家にも話す事は出来ない事柄。
    友人にも話せない事。
    夫と私だけが知ってる事なのに夫は私が高熱が出ていても解熱剤を置いて息子を寝ている私の横に座らせ仕事に向かう日々。帰宅後も会話もほとんどなく、朝は早くに仕事へ向かうので会話もなし。
    息子を中絶してしまった子の分も愛して大切にしてあげたくても、体調不良や吐き気や気の沈みで思う存分遊んでもあげれず、罪悪感で胸が苦しく…。
    毎日心の中でも口でも夫を責めてしまいます。
    直接的には言わなくても、嫌味を言ってしまいます。
    支えてくれず慰めてくれず寄り添ってくれず黙っている夫を。夫だけが悪いわけではないのに…。
    そんな自分に自己嫌悪してしまいます。何もやる気が起きず、寝る事も出来ず、毎日が辛いです。家族が今よりも幸せになる為にと決断した事なのに。赤ちゃんはもう戻っては来ないのに…。
    (※過激な発言があったため、一部編集しました。)

    • 息子さんがいい子いい子してくれた。
      涙があふれました。

      会えなかった赤ちゃんは悲しいかもしれませんが、ママを応援してくれる息子さんを強く逞しくしてあげることが一番の供養かなと私ながら思いました。

      旦那さんと二人で向き合って話をする時間も大事でしょう。私は結婚して7年目になりますが自分の気持ちを全部吐き出して泣いてもいいから伝えたいことをメモにまとめて話し合わないと分からないこともすれ違いも沢山あるのです。

      ・今は体調が悪いから、●●はお願いしたいのだけど。
      ・ありがとう。

      一方的に文句を言うのではなく、一緒に何がきょうりょくできるか。子は親を見て育ちます。言わずと目でじっと見て学んでいます。

      できることから一歩ずつ。自分を信じてあげてくださいね。

  4. まだ辛い
    3月16日に中絶しました。

    3ヶ月で体調3センチ。

    今でもエコー写真を見ます。

    毎月月命日に、手帳に天使になってしまった子供にお手紙を書いています。

    彼とは付き合って2年3ヶ月で、今は転勤に付いてきて同棲中です。

    あたしは今でも子供を思っているけれど、彼からは感じ取れない。
    バツイチの彼は別れた奥さんの元に子供がいて、『姿が見えたら覚えてるのかな。産まれてこれなかった子供も確かに生きていたのに…』と思ってしまいます。

    あたしの心が狭いのでしょうか?

    手術後、3日過ぎた辺りで『切り替えてもらわないと困る』『この先子供を欲しくなっても何も出来なくなる』と言われてしまい、落ち込みました。

    女は悪阻で子供が生きているのを感じて、失ったら症状が無くなり悲しみが押し寄せる。

    全く同じ様に感じるのは無理かもしれないですが、もう少し気持ちを分かち合いたいと思うのは我が儘でしょうか?

    水子供養の話もしたのですが、『義理で行くのなら1人で行く。ちゃんと子供を思ってくれているなら一緒に行きたい』と伝えたら『行くよ、どこにある?』と言ってはくれました。

    でも、その話はそれきりで何も言ってはくれません。

    お仕事があまりにきつくて、余裕が無いのも分かりますが、二人の子供の事は大事な事。

    男女の違いに悲しい気持ちが消えません。

    『今度授かったら、二人で育てたい』と約束しました。
    二人で子供の事を想うのは難しいのでしょうか?

  5. 娘が妊娠し中絶を勧めています。
    娘は親元を離れて遠くに就職し彼とは付き合い始めたばかりで、彼の方は彼が家族を支えている状態です。いずれは彼と結婚し家族と同居と思っていたようですが、年齢的にも時期的にも早すぎるタイミングで障害も多く、親としては出産を勧められません。
    娘本人は頭では理解しているけれど、お腹に宿った赤ちゃんを諦めたくないという気持ちが強く、主人が娘に内緒で彼の意思を確認した所、彼と彼の家族も今回は中絶を望んでいるそうです。
    こちらで娘を援助できるのなら産ませてあげたい気持ちもありますが、娘は夫の連れ子で、私自身が妊娠中で幼児もいるため遠くの娘を助けてあげることが出来ません。娘の実母も新たな家族があり援助は出来ません。
    自分が妊娠中なのに娘に中絶を勧めるのは酷いと罪悪感がありますが、複雑な家庭で育った娘は離婚リスクも高く精神的に不安定な部分も多いので、娘の幸せの為には今回は諦めるのが最善だと思いました。
    自分の環境に恵まれなかった分だけいつか幸せな家庭を築いてほしいと願い、娘には幾度となく何度も子供ができる事とその責任について話してきました。彼にもそれは伝えてありましたが、それを理解し守れなかった事、伝えきれていなかった事が悔やまれて仕方ありません。
    今後は中絶の方向に話が進んでいくと思います。

    彼が今後の娘を支える事を約束してくれたので、彼に娘を託して見守るしかないと思っていますが、私が娘にしてやれる事は何かあるのでしょうか?
    本当は実家に戻ってゆっくりさせてあげられればいいのですが、私が妊娠中で幼児もいるので何かしてあげるにも子供の存在を感じると辛いんじゃないかと不安で言えません。
    会いに行くにも私自身遠出は不安ですし子供たちは置いていけません。
    今も子供の声がすると困るので電話はできず、連絡はメッセージのみです。今後も出来ることは電話で話を聞いてあげる位しか思いつかず、何もできない自分が歯痒いです。

    自業自得とはいえ一番辛いのは娘だと解っていますが、周りの都合で中絶を勧めているのが辛いです。いつか、これで良かったと娘が感じてくれる事はあるのでしょうか?

    • 複雑ですね。親として適切なことだと感じるならば、娘さんにはっきりと現実と将来について意見をいうことや、自分が将来できること、そして子供が生まれる間から将来まで、お金や幸せ全てに関してのことを旦那様や娘さん、娘さんの彼氏を含め家族全員で話し合うことが、言った言わないだなど揉めなくて良いのではないでしょうか?またそれで歯向かう娘さんなら、まだ自分が未熟であることを教育してあげるのも、母親としてできることではないかなと思うのですが、これは一個人の意見ですので、どうでしょうか?

      • 返信ありがとうございます。全くその通りだと思います。
        話し合いの結果娘は中絶をする事に決め、病院に行くのを待っています。

        私としてはそれ自体が不安要素のひとつなのですが、自身が幼く未熟な母から生まれ育ってきたのでやれると思ってしまうようです。
        私から伝えたい事はほぼ娘に伝えました。娘は言いたい事は全て解るしそう思う。けれどそれでも産みたいと思ってしまうのが辛いと言っていました。
        今は彼の元で自身が立ち直れる強さを学んで欲しいと思うばかりです。

        今となってはですが、今はピルなど確実に避妊をする方法がありますし、言いにくいことでも子供に嫌がられても具体的に避妊についてを教えるべきでした。

  6. 私ももう11年前に経験しました。
    ずっと自分を責め続けて、私は幸せになっちゃいけないと思っていました。
    でも、その子を諦めた代償に、私は自分の人生を手に入れました。
    諦めたときは、また学生でなんの資格もなかったですが、その子を諦めたのだから、絶対に資格はとらなければならない。そして、一人前にならなければならないと自分に言い聞かせ、今までやってきました。
    良いことなのか分かりませんが、当時その子の予定日に生まれた犬を飼いました。我が子のように大事に育てました。さらに、この犬のために私は仕事を辞めれない。養わなければならないとずっと、自分に言い聞かせ、日々を過ごしてきました。
    周りにもほとんど知らない人ばかりで、こんな話重たいので、誰にも言えませんでした。カウンセリングも自主的に受け、その時に「こんなに自分を責めてきたのだから、もう許してあげてもいいんじゃない?自分を守れるのも自分だけなんだから」と言われました。心が軽くなった瞬間でした。
    ですが、その犬も4年前に他界し、その後仕事も続けていましたが、新卒さんを育て上げるまでの経験者になり、自分の中で一つの節目を感じ、結婚を気に辞めました。
    今は、この事実を知らない夫とふたりで暮らしています。主人は子供を望んでいて、私もいつかはと考えているのですが、なんだか勇気は持てません。
    本当にいいのか。
    その時の子どもを産んであげれなかったこともそうですが、その時に飼った犬が死んでしまったことも、自分の中ではまだ癒えていません。
    焦らなくてもいいって思っているのですが、まだ何だかふとした時に悲しくなります。
    主人は知らない事実、でも主人は子供が欲しいと願っている事実。主人にこの経験を話すつもりはありません。
    子供ができたら少しは気持ちが変わるものでしょうか?
    昔に比べ、子どもを見ても辛くならなくなったり、逆に可愛いなと思うこと、抱っこすることも出来るようになりました。でも、自分の子供を授かるのは、何だか恐いです。

    • 初めまして。心の傷はそう簡単に伝えることはできませんし、癒されることも時間が掛かりますよね。

      ワンちゃんを飼っていた事、素晴らしいと思います。命を大切にする心また大事に育てていたということ、ひなたぼっこさんと出会い一緒の時間が過ごせてワンちゃんも幸せだったと思います。

      ただ過去のこと旦那さんにお話されてみてはいかがですか?旦那さんも何かひなたぼっこさんにしてあげたいことが実はあるかもしれませんし、ひなたぼっこさんの心の支えになる、それが夫婦であり旦那さんの役目ではないでしょうか?

      また新たにワンちゃんを飼ってみること、もしくは色々な事情で捨てられた犬たちが里親を待っているのでそういった命を救ってあげることも自分への挑戦でもあり、お二人の関係をより楽しくするきっかけにもなる可能性もあります。(興味があればですが)

      諦めずに、そして苦しいときは外で深呼吸をしてみたり、ストレッチしてみたり、山で叫んでみたり、ひなたぼっこさんならできると思います。そしていつか良いタイミングで何か良い巡りあいなどが舞い込んできたらいいですね。

  7. 昨年、9月に彼女の妊娠が発覚し、当時私たちカップルは喧嘩が耐えない関係であり、双方の知人からの反対もあって中絶と言う選択をしました。
    無責任で身勝手な発言になるかも知れないですが、私は男です。
    正直簡単に考えていたのかも知れません。当時、私の中では「中絶」という選択はありませんでした。
    喧嘩してても彼女を愛し、人生を共にしたいと思った相手と授かった命です。
    ただ彼女の中では、生活が不安定であったこと、両親に話せない思い等が重なって、友達の付き添いのもと手術をしました。
    それから、6ヶ月妊娠するまでの関係よりも私が相手の心身に傷を負わせてしまったことを反省し、彼女の生活を助けられたらという思いでやってきてます。
    彼女との交際は続いてますが、やはり妊娠前との熱いカップルとはいきませんでした。
    当然、デートすることもなければ、会っても手を繋ぐことすら拒まれています。
    正直、私の中では「私に対しての愛が冷めてしまったのかな。」と考えるばかりでした。
    そんな中、このサイトに辿りついて『PASS』というワードを知りました。
    書いてある行動例がほとんど当てはまり、今になって初めて彼女は私が想像している以上に傷を負ってるんだと思いました。
    本当であれば、言ってはいけないことなのかも知れませんが、私と彼女の間にできた子供に、私は『彼女の大切さ、ありがたみ、喧嘩してたことの後悔』に気付かされたような気がします。
    27歳の一人の大人が、そんなことすら知らずに彼女と交際していたことをとても恥じています。
    これからは男として、彼氏として、そばに居てなにか出来ることはないか考えています。
    繰り返しにはなりますが、私は男なので女性にしかわからない気持ち、またパートナーに対しての思い等をアドバイスいただけたらと思っております。

    • 私がいえる立場ではないかもしれないけど、彼女とゆっくり話し合って今後どうしていきたいか、機会を設けないとせっかくマサトさんが支えていこうと思っていても重荷になっていたら2人の関係もぎくしゃくしたままで辛い人生を送ることになりかねないかもしれないですよね。お互いに腹を割って向き合う時間はいつでも必要です。もし本当に愛しているのならば。

      • みじんこさん→貴重なご意見ありがとうございます。重ねてこちらからの返事が遅くなってしまい申し訳ございません。
        私も話し合いは必要不可欠だと思っております。実は先日土曜日に彼女と会って久々に食事をしたのですが話し合いの内容から彼女の中では私を「彼氏」として認めていてくれている様子でした。純粋に嬉しかったのと同時に、みじんこさんが仰る通り重荷にならないよう少し一定の距離を保って行こうと考えました。
        また、彼女の父親と会う話になりました。
        妊娠の件で呼ばれた形です。
        いずれこのような日は遅くても来ると思っていましたので、ちゃんとご挨拶に伺おうと思ってます。

返事を書く