不法誕生両親が医師への訴訟

0

医師の過失がなければ遺伝的症候群の赤ちゃんの出生は回避でき中絶ができていたかもしれないWrongful Birthつまり不法誕生両親が医師への訴訟するという事件が起こったのです。

実の姉が障害者

不法誕生両親が医師への訴訟

サラとマークの間に子どもが授かったことで健康な赤ちゃんを願うため健診を行っていた二人。
実のであるジェニファーが障害を持っているという点で慎重になっていたため、担当医にお腹の赤ちゃんが問題がないかどうかを確認したところ、問題ないと回答があったため、安心して子どもの成長を待ちわびたそう。その報告を受けたのはサラが妊娠16週のことだったとThedailybeastからの情報をご紹介。

 

遺伝子の問題

姉のジェニファーは独立して暮らしているとはいえ、障害給付を受けているレベル。
そのため人一倍不安でたまらなかったため、医師へ電話にて報告を受けた時点で安心して出産への希望を持った二人でだったが出産後に驚きの結果が待っていたのだ。

 

生後半年後の異変

サラとマークの間に誕生したのは女の子で名前はエリー。
一般の子といたって同じように成長していき惚れ惚れするほど微笑ましい笑顔で幸せに思っていたのだが、エリーの発育が遅いように感じてきたのが始まりだった。

半年経ってもハイハイ、お座り、歩いたりしなかった。

(次ページへ続く:エリーの脳とは)

返事を書く