中国の中絶事情

0

日本と異なる中国の中絶事情。なぜ中国が人工妊娠中絶手術等に対してこのような制度を取っているのか、今後中国に住む予定のあなたも気になるあなたにもチェックしていただきたいです。

中国の中絶事情とは

中国の中絶事情

実は中国は日本と違いこの中絶は合法、つまり政府で認められている行為という情報、あなたは知っていましたか?

また政府の援助を受けられるというもので同時に一人っ子政策に基づいている方法の1つとも取れるものです。日本語Wikipediaがなかったので簡易的ですが中国の中絶事情について2014年現在までの情報をまとめています。

中国の中絶歴史

1950年代初めかつて中国政府は違法な中絶をする際に以下の条件で対策を取られたそう。

  1. 母親の妊娠後生命の危機や結核、悪性貧血などがある場合
  2. 伝統的な中国医学的方法で自然流産や胎児に異常があった場合
  3. 帝王切開を2回またはそれ以上受けている場合
  4. 法律上違法的な中絶を行ったか、または処罰を受けた場合
  5. 1954年から1956年には法律で特殊な職業にて作業をしている際、病気や障害、高血圧やてんかんなど法律で許可された場合
  6. 既に4人の子どもがいる中、最後の1人を妊娠4ヶ月目で中絶の資格がある場合
  7. 人口増加の重要性を強調する政府の方法として制限された場合
  8. 人口抑制としてだけでなく、違法中絶での死者、生涯負傷となる女性の数の減少させる意図として1950年から1960年初頭に維持緩和され避妊と組み合わせ使用の場合

 

中国の中絶統計

たとえ政府での支援があるとはいえ、すべて登録の中絶が登録されていても実際のところ正確な統計を手に入れるのは困難なのは日本も中国も同じ模様。

2008年には1300万人が中絶をし、うち約1,000万人が中絶ピルを使用したという推測。
人工妊娠中絶手術は、夫婦で1人の子どものいる都心部での家庭で一般的に行われている。
農村部では、第一子が女の子の場合、第二子を産む為の許可証で約4,000元(米ドル600)が必要。
70年代では中絶を公式的に人口抑制するという目標実現のための「改善策」と呼ばれた。

次ページへ続く: 一人っ子政策の今、そして衝撃!中国の中絶件数とは)

返事を書く