インディアナ州中絶数減少とその理由

0

州法律からなる女性の健康との関係とは。アメリカインディアナ州の中絶数が減少し続けている理由について意味するものとは何なのか。

2年間で12%中絶数減少

インディアナ州中絶数減少

sfgateによると日本の中絶人口数は減っているものの市町村、都道府県や政府が女性の人工妊娠中絶に対しての支援を明らかに強化しているかというとそこまで大きな進歩は感じられない状態ではあるが、米国インディアナ州では着実に減少していることを保健教育福祉省で報告している。

2013年と2011年を比べ12%減少。また2008年からするとなんと1/4もの低下。その上1980年以来半数以下に下落したことを述べた。

 

厳しい検査と中絶判断

インディアナ州中絶数減少とその理由

インディアナ州の中絶数が減ったとはいえ、色々と問題は残るもの。とはいえ定められた規定をクリアをしていれば中絶は可能。
以下のような条件に当てはまる場合は、中絶ができるそう。

  • レイプ被害にあった場合
  • 母体の生死を問われる場合

中絶手術費用は安いものではなく、そして安易な気持ちで中絶判断をする数を減らしていく意味で州の女性の健康への取り組みでの結果を出てきているのだろう。
今後も注目していきたい。

返事を書く