流産予防法:自分で防げることは?

新鮮な果物や野菜

またそれだけでなく、色々な種類の新鮮な果物や野菜を毎日食べることで流産になる可能性も下げるという結果もあるほど。

 

定期的なエクササイズ

今まで続けてきたいつものエクササイズを妊娠後も継続しましょう。とはいっても、妊娠をしているのですから、マラソン大会や時間を競うという目的ではありません。体に負担が掛からない程度のウォーキングやヨガなど呼吸を整えたエクササイズをしてみてはいかがでしょうか?

あるリサーチによると長時間のハイインパクトのエクササイズを行うことで流産リスクを高めるというのです。運動、スポーツをすること、つまりテーブルや机から離れるということは、怪我や転倒予防にもなるのですが、方法を考えて行うことは大事なのです。

妊娠ヨガDVDを買う

カフェインを制限

カフェインを制限
医者の提案として1日200mg以上のカフェイン摂取を制限すること。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • カフェインを含む飲料水

カフェインを飲むか相談

ただ掛かり付けの産婦人科医にどのくらいなら安全か直接確認することもおすすめします。

薬、喫煙、アルコールから断つ

ストレスケアをしましょう。特にお腹の赤ちゃんのためにもリラックスすることは健康的な妊娠生活を送ることでもあるからです。ある研究では女性が幸せと感じたり、リラックスしたり、またそれらの状態がコントロールされていると60%もの確率で流産になるリスクを下げられるというのです。

血糖値をコントロール

もし糖尿病または糖尿病予備軍ならば、血糖値をコントロールしましょう。ニコルソン医師によると、血糖値上昇は胎児が奇形になるなどのリスクが高まるとも言われています。

アスピリンを飲む

ニコルソン医師によると、少量のアスピリンが流産予防になるということですが全ての人に対してとは言っていません。よってもし薬を飲む際は事前に掛かり付けの産婦人科医者にお腹の赤ちゃんにも安全なものかまず確認しましょう。

薬を飲んでいる時は

心臓のお薬などは未熟児や流産になる可能性が高まります。よってニコルソン医師曰く、可能であれば妊娠期間中はお薬に頼らないことが一番安全な方法なのだそう。

あなたの流産の可能性はどのくらいでしたか?赤ちゃんが産まれてこなかったのは私のせい?と考える前にあなたができること、今から大切な人と一緒に考えていきませんか?

「流産予防法:自分で防げることは?」への1件のフィードバック

  1. 赤ちゃんができないできないって不安な日々を送っています、
    ちょっと参考にしてみようと思います。

    返信

コメントする