中絶後の出産できる可能性

0

私はまた出産できる?人工妊娠中絶手術後の出産できる可能性と女性の体と心の関係について考えていきましょう。

 

中絶を経験した後

中絶後の出産できる可能性1
Newkidscenter.comによると中絶後の出産できる可能性について一度流産したり中絶した女性の体は、そうではない女性に比べ出産できる可能性も難しくなると言いますが、

絶対的に赤ちゃんが産めないという可能性がないというものでもないようです。
しかし全ての人に当てはまるかどうか、確認していく必要があることも考えていきましょう。

中絶後また出産したい

できるなら次こそは出産してあの子と償いたい。人によりこの想いは様々ありながらももし自分の体が大丈夫なのであれば、赤ちゃんを授かりたいと思うのは女性として母としての本能なのかもしれません。

婦人科医師との相談

あなたの心と体のためにまずは産婦人科医と個別で妊娠の可能性などについて相談しましょう。例えいくら自分が大丈夫だと思っていても中絶後の体はいつものあなたとは違った体の環境になっていることがあり、安全のためにもクリニックにてカウンセリングなどを受けていきましょう。母体と胎児についての可能性を高めるために以下の情報や提案を読まれることをおすすめします。
また少なくとも3ヶ月間待ってから行うことをおすすめしているそうですが、体調により自分自身そしてパートナーとも話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

3ヶ月間も待てない

中絶費用の不安

しかしながら大抵の女性は子供を授かりたいがために3ヶ月間という期間が非常に辛く待てないというケースも少なくないため、3ヶ月という月日はできれば早めたいというのです。

しかし自分やパートナーとの気持ちは高まっているとしても中絶後の体の休息時間は出産を考える夫婦やカップルにとって大切な期間です。同時にそのような休息の時間により胎児や神経的な問題回避などそういった期間も計算して計画的な家族計画も見直すきっかけにもなるでしょう。

リスク軽減に

赤ちゃんがほしい。3ヶ月も待てないけど心身を整える期間を設けたい。そういうあなたには上記リスク軽減に妊娠前に葉酸摂取も重要なのだそう。

中絶後どのくらいで妊娠できる?

流産後は妊娠することができるといいます。それは女性における排卵ホルモンにより制御されている自然な現象だからなのです。全く避妊というオプションがされていない場合であれば、妊娠の可能性は比較的すぐに正常の卵巣サイクルが再開とし最適というのは注目です。

流産の可能性

中絶後の出産できる可能性

例え妊娠をしても出血後流産の可能性は7〜10日以内に発生する可能性はあるといいます。これは妊娠後ちょうど一週間後は信頼のできる避妊法を使用することが重要なのだそう。これらについては担当医師に相談されるとよいでしょう。

中絶後赤ちゃんができる日を願って、まずは体調管理や家族計画を整えていきましょう。赤ちゃんをあなたの腕で抱ける日を願って。

返事を書く