人工中絶ができる期間と方法

 

人工妊娠中絶ができる期間

日本の法律では母体保護法というものがあります。
人工妊娠中絶を行える期間も決まっていますので、注意事項やポイントを抑えていくことも大事なステップの1つです。

 

母体保護法と市役所への届け

またこの日本の法律により、人工妊娠中絶を行う基準となる期間は妊娠満22週未満と定められていますが、妊娠12週以降(または胎児の体重が500g以上)の中期中絶は、母体の負担も大きくなるため、非常に大変な危険性もあることだけでなく市役所へ死産届けを提出することが必要となります。
よって安易な気持ちだけで中絶をすればいいんだということは避けたいものです。

 

医師と本人同意の判断

ただ中絶をしたいからといって、簡単に手術が行えるものではありません。実は刑法の規定上犯罪行為とされています。
一方母体保護法により、医師と本人の同意を得た上で中絶ができると定められていて、中絶は原則罰せられることは無いのだそう。自分の問題だから大丈夫という判断は危険を招きかねます。大切な人、そして医師との相談をしていきましょう。
情報参照元:wikipedia

 

関連情報:日本の中絶件数

Leave a Comment